学校事務求人ガイド【※目指せ安定の人気職種!】

学校事務に転職をお考えの方へ

学校事務は新卒だけでなく中途採用も募集されることが多いです。ほとんどが派遣やパートタイムといった非正規雇用ですが、学校での仕事に憧れを抱く方も少なくないようでです。

とはいえ一度の募集枠は多くはありませんので、しっかりと対策を立てる必要があります。マイナビエージェントのような専門の転職サイトなら親身になってアドバイスしてもらえるのでおすすめですよ!

学校事務の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



ビズリーチ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細



学校事務の求人事情

学校事務の求人間口

学校事務の求人間口は、雇用形態によって大きく違います。専任職員と呼ばれる正規の職員は人気の職種で採用人数は少なく、応募人数は多いです。かなりの狭き門です。中途採用でも募集はしていますが、新卒が主となりますので、中途で応募する方はそこも考慮した方が良いでしょう、国公立の職員であれば公務員に該当します。 一方、非正規雇用の派遣職員は常に募集をしています。何故なら、今の学校事務は多くは派遣職員に依存していますし、派遣職員は契約期間が満期になれば雇用が終了するので、代わりの派遣職員を常に募集しています。興味本位で働きたいのであれば、間口の広い派遣職員で働きましょう。直接雇用の間口であれば、契約職員という選択もあります。派遣ほど間口は広くありませんが、派遣から契約への登用ということもあるので、派遣職員として働く際は、そういったチャンスが無いかを確認した方が良いでしょう。

学校事務の募集時期、年齢

募集が熱い時期としては中途であれば年明けから4月にかけてでしょう、学校が始まる年度とともに就業とし、新卒とまとめて研修などを行うケースもあります。つまり、中途でも若さ溢れる新卒と同期という扱いになりますので、かなりフレッシュな気分で仕事ができます。年齢は20代採用がほとんどです。中途で年を取った経験のあるベテランを取るというよりも若い人間を染め上げるという狙いが強いです。学校事務へ転職を希望される方は自分の年齢とも相談して下さい。当然ですが、非正規雇用に関しては、年齢制限は特にないところが多いです。

これからの学校事務の求人

今の日本は少子高齢化が進んでいます。学校は学生の学費が収入源となっています。子供が減るということは、学校側からすれば収入が減ることになります。収入が減るということは、学校側は経費を削減しないといけません。真っ先に削られるのは残念ながら人件費です。つまり、正規の職員はどんどんと削られていき、派遣職員や契約職員が今後も増えていきます。自分たちの子供が働く頃は学校事務の正規の職員の募集は無いかもしれません。年が経てば経つほど、間口は狭くなっていくでしょう。こういった求人事情を踏まえ、学校事務という職種の可能性を探っていきましょう。


Copyright (C) 2015-2017 学校事務求人ガイド【※目指せ安定の人気職種!】 All Rights Reserved.